大阪で発毛、薄毛、AGA、抜け毛、若ハゲはお任せ。女性も男性もスーパースカルプ発毛センター寝屋川香里園店

大阪で薄毛でお悩みの方はスーパースカルプ発毛センター寝屋川香里園店

薄毛、抜け毛、AGA、若ハゲの悩みは男女問わず解消します。大阪、京都、奈良、兵庫からも口コミ・評判で支持を受け、発毛促進されています。

営業
時間

9:00~22:00
(電話受付~19:00)

休業日

水曜日

ご相談のみ、匿名での電話も大歓迎です!売り込みもありません。

フサフサ クログロ

072-833-9696

お酒を飲むと発毛できない?

毎日飲むと薄毛になる!?

お酒は百薬の長と呼ばれ、血行を良くする働きがあります。血行を良くするのでならば、髪が育ちやすくなり、薄毛予防や発毛促進にも効果があるのでしょうか。

答えはNOです。

しかし、お酒を禁止すべきという意味ではありません。まずは、摂取したアルコールが体内で分解される過程を説明します。摂取したアルコールは肝臓で分解され、その際に毒性を持った「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質を生成します。そしてアミノ酸やビタミンを大量に消費し、最終的に無害な「酢酸」になります。

アミノ酸やビタミンは髪にとって重要な栄養素です。それらがアルコールによって消費されると、髪に行く栄養分が不足し、薄毛の原因となり得ます。

また、適量であれば酢酸に代謝されますが、過剰にアルコールを接種するとアセトアルデヒドの分解が間に合わず、毒性を持ったまま血中を循環します。アセトアルデヒドには睡眠を妨げる効果があり、成長ホルモンの分泌にも影響を与えます。そして、アセトアルデヒドには薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させてしまいます。

さらにアルコールの過剰摂取は肝臓にも負担を与えてしまいます。肝機能の低下は薄毛の原因となります。
肝機能の低下はタバコが原因にもなります。

さらに、種類にもよりますが、アルコールには糖質が多く含まれているものがたくさんあります。糖質の過剰摂取も、皮脂が過剰に分泌され頭皮の毛穴を詰まらせてしまう為よくありません。

そして睡眠の質という観点からもアルコールはオススメできません。アルコールを摂取すると眠くなるため、寝つきが良くなると思われがちです。確かに寝つきは良くなりますが、アルコールには覚醒作用があるため、眠りの質は悪くなります。睡眠中に髪は育ちますので、睡眠の質が悪くなることは発毛のためにも良くありません。

これらの観点でみるとお酒を飲まない方が良いのではと思われますが、それはそれで我慢がストレスとなり、薄毛や発毛できない原因となってしまいます。

あくまでお酒は適量に飲むのが良いです。適量と言っても、お酒の体質は人それぞれ異なります。自分の体質をしっかり把握しておくのも薄毛予防に繋がります。

毎日飲むことが習慣になっている場合、まずは週に1~2日の休肝日を作るのも良いでしょう。ちなみに、一般的な一日のアルコールの適正量は350mlの缶ビール1缶とされています。

発毛のために禁酒ではなく、程よいお付き合いを心掛けることが重要です。

スーパースカルプ発毛センター寝屋川香里園店

薄毛、抜け毛、AGA、若ハゲはお任せ下さい。

072-833-9696

住所

〒572-0084
大阪府寝屋川市香里南之町19-31田村建設ビル401

京阪 香里園駅 徒歩1分

営業日(臨時休業あり)
 
午前×
午後×
営業時間

9:00~22:00
(電話受付19:00まで)

定休日

水曜日

072-833-9696